防災には非常食の供給システムが重要です

防災用品で最も重要なのが非常食であることは誰も異論がないでしょう。何より食べ物が無くては話にならないし、逆に言うならそれさえあれば電気などはたいした問題ではないはずです。ところで非常食と言えばカンパンが真っ先に思い浮かびますが、さすがに現代ではカンパンばかりを並べることには疑問を感じざるを得ません。もちろん無いよりましだし保存にも便利なのは確かですが、非常食が必要になる状況では絶対に暖かい食事をとりたいはずだし、それががんばる気力にもつながるはずです。したがってカンパンはあくまで押さえとして用意するにとどめて、中心は温かい食事をいかに提供するかに置くべきでしょう。そのために必要なのは備蓄と言う考えではなくて、道路が寸断されても災害のない地域から食料を輸送するという考えであるはずです。そうした輸送方法を複数考えておけば万一の際にも暖かい食事を取ることが出来るでしょう。

防災用の非常食をB1グルメとして活用できないか

防災の観点から言えば非常食というのは常に大量に用意されるべきですが、一方でそれが使われないのがもっとも望ましいと言う、やや矛盾した性質を持ったものです。また実際に使われないことがほとんどなので、どのようにして古い食料を処分し、新しいものに入れ替えていくかを考えることが大切です。この入れ替えシステムがきちんと機能すれば食料を無駄にすることもなくなるし、そうなればいくら大量に備蓄しても構わないわけです。ところでいくら非常食が長持ちすると言ってもいつかは賞味期限が切れるのだから、それを活用するには何らかの工夫が不可欠です。たとえば最近ではB1グルメなどと言うものがあるのだから、賞味期限の近づいた非常食をそうしたものの素材として活用したらどうでしょうか。味だって必ずしも悪いわけではないのだし、料理人が工夫すれば十分にお金を取れる料理に生まれ変わるはずです。

防災グッズで非常食を備蓄しました。

過去の大震災が忘れられないように、日々私達は、地震であるとか、台風であるとか、竜巻であるとか自然災害がいつ起こってもおかしくない状況にあることを理解しなければなりません。そんなわけで、日々私は防災の意識を持ちたいと思っているのですが、やはり大災害から時間が経ってくると、意識が薄れていってしまうのが普通ではないかと思っています。そんな意識が忘れないうちに私は備蓄をしたいと考えておりまして、私は非常食について試食をしたいと思うようになりました。そこでそん試食会をしていたところに行ってみることにしました。そして、そこで非常にびっくりとしたことがそこで食べたパンがとっても美味しかったことです。とっても美味しかったので、私はこの非常食を我が家において置くことにしました。そして賞味期限が近づいてきたら、食べてしまおうかと思っています。

Blog Home