合宿免許では食事も楽しみの1つ

様々な楽しみ方が出来る「合宿免許」ですが、「食事」ももちろん楽しみの1つです。普段の生活とは違った環境で食べる食事が普段よりもおいしいと感じた経験は多いでしょう。例えば旅行先で食べる食事が美味しく感じられるのは、もちろん作り手の技術や食材のおいしさなどもありますが、「環境による増幅効果」が大きな影響を与えます。日頃生活している場所から離れ、大よそ訪れる機会がないだろうと思っている地域や有名観光地で開催される合宿免許に参加することで、その土地の食材・料理を楽しめることも合宿免許の大きな魅力となっています。教習カリキュラムの修了を疎かにしてはいけませんが、それだけに留まらず美味しい料理を美味しく感じられるシチュエーションで食することも期待しても良いでしょう。

開催地の料理を満喫できるプランを選択する

数ある合宿免許の中には、開催地こそ限定されてはいるものの「そのほかの部分をある程度自由にカスタマイズできるプラン設定」のものがあります。例えば、宿泊するホテルを旅館に変更出来たり、同じホテルの中でも個室や大部屋を選択できる・景観を選択できると言ったものがある他、食事に関してもカスタマイズできる場合があります。単純に料理付きなのか無しなのかという選択はもちろんですが、料理の種類・回数なども選択可能な場合があります。グループ参加の場合は自炊をするというのも楽しみの一つになりますが、どうせならばプロが作った美味しい料理を堪能しながら教習カリキュラムを進めていくという選択もおすすめです。特に名産品や地域性に富んだ郷土料理がある地域などでは、ぜひとも楽しみたい魅力の一つと言えます。

敢えて「食事なし」を選択するのもあり

食事付きのプラン設計をし、その中で開催地の郷土料理や名産食材などを楽しめるような環境であれば簡単ですが、考えようによっては「一つの味(調理の方向性)しか楽しむことが出来ない」というデメリットもあります。せっかく2週間もの間その土地に滞在する訳ですから、様々な調理法に触れるのも一興です。そこで、敢えて食事なしのプランを設定し、日々の食事は周辺にある飲食店などで行う方法もおすすめです。場所によっては周辺にそういった施設が存在していない可能性もありますが、余程でない限りはその心配はありません。周辺にある施設で提供される様々な料理を楽しみ、参加者とともに親睦を深める時間を持つことも楽しみになります。また、他の参加者とともに自炊をするというのも親睦を深める方法としても効果があります。ただし、必ず事前に「周辺施設を調べておく」と言うことが必要なので注意しましょう。

Back to Top