合宿免許の費用を比較してみよう

通常よりも安い料金で運転免許取得を目指せる方法の内、合宿免許は特に手軽に利用出来るおすすめの方法です。その他の方法と比べ、「確実性が高い」という点が大きな魅力になっていて、その環境の良さからも多くの人が利用しています。基本的には、通常30万円ほどのところを20万円いかない位の安さで済ませることも出来ます。しかし、全ての合宿免許がそうであると言う訳では無く、それぞれによって設定されている料金が違うことはもちろんですし、その料金による違いの理由も様々です。より満足出来る合宿免許を見つけ出すためには、自身が重視するポイントをしっかりと整理しておくことはもちろん、それぞれの合宿免許が持つ特徴などもしっかりと把握しておくことが大切です。そこで、簡単な比較を紹介していきます。

通常部分のみの金額による違いは?

合宿免許本来の目的は、「運転免許を取得する」ということです。尤も、合宿免許自体が免許発行に直接関係している訳ではなく、卒業することで得られる実技試験免除資格が目的です。それによって本試験での実技科目が免除されるため、実質的には運転免許取得がすぐに出来る状態まで持っていくことが出来ます。特に付加価値(付加プラン)の無い合宿免許の場合、AT・MTそれぞれに定められている最低日数の間で必要なカリキュラムを行っていくだけの生活となる為、料金は20万円程度に設定されることが多くなります。中には17万円程度で参加できるものもあるのですが、その違いは主に「周辺環境」にあります。要は集客力のある地域ほど高く、ない地域ほど安い料金になりやすいということなので、料金が安いから信用できないと言うことは無いので安心して大丈夫です。

付加プランによって起こる金額の違いは?

本来の目的さえ達成できればいいはずの合宿免許ですが、近年は「様々な付加サービスの充実」が顕著です。例えば、宿泊場所を自分で選択することが出来たり、期間中の食事を複数のプランから選択できるという具合です。簡単に言えば、「より良い環境で過ごせるようになった」ということになり、女性でも安心して参加できる要因はここにあります。しかし、良い環境を求めればそれだけ費用も高くなってしまうことが多く、コスト的な負担は大きくなりがちです。特に集客力が高い地域で開催されるものはベース価格が高いこともあって、最終的な金額が通常同様になってしまう可能性もあります。しかし、仮に金額は高くなってしまったとしても、その金額には「日常とは違う環境で生活が出来る、観光が出来るなどもメリット」が含まれていることも考えなければいけません。

Back to Top